製造工程のご紹介

MANUFACTURING

長い歴史の中で練磨されてきた 高い技術と実績から生まれる 永遠の「風格」と「存在感」

今村石材工業では、最先端の技術を活かし、最新設備の工場で石の切り出しから加工・施工まで、独自の傾斜・局面加工の耐震型墓石を開発するなど、安心・安全・高品質の信頼できる墓石づくりに取り組んでいます。

中国工場での切り出し・加工

弊社管理の墓石は、中国工場で切り出され加工されます。昨今では、中国産にあまり良いイメージは持たれませんが、墓石に遣われる天然石は、人類が生まれる前から地球に育まれたものであり、お国柄によってその良し悪しが左右されるものではありません。大切なのは「どのような技術者が携わるか」です。今村石材では、万全な体制を以て、品質、加工技術を守り続けています。大正時代から続く地元熊本の企業として、安心してお任せ頂けると幸いです。

お墓になる前の石

石の集積

お墓になる前の石を収集します。

切り出しの工程2

切削加工

ゴツゴツとした形の石を大まかに切り分けます。

切り出し

切削加工2

更に切りわけられ、少しずつ墓石らしい形へと加工されていきます。

削りだし

切削加工3

綺麗な角が出るよう、繊細な加工作業が続きます。

人の手による作業

切削加工4

良い形を作るには、機械の力だけでは不十分です。人の手も交え、より上質な形への加工が続きます。

彫刻・研磨

彫刻・研磨

人の手による作業は続きます。美しい彫刻を施した後は綺麗に磨き上げ、完璧な表面仕上げを行います。

大津工場での彫刻・着彩

無事に加工された墓石は、大津にある自社工場へと搬入され、丁寧な検品、そして繊細な文字彫刻・着彩技術者の手へと移ります。一口で技術と言っても、そこには職人一人一人が手で目で、繰り返し造り続けることで体得してきた、技の研鑽の歴史が綴られています。一生を刻む墓石だからこそ、私たちはそこに妥協を許すことが出来ないのです。

大津工場

大津工場への搬入

弊社では、熊本県大津市に自社工場を保有しており、ここでは加工された墓石の最終仕上げ工程を行っております。

文字彫刻

文字彫刻

搬入された墓石に文字の彫刻を行います。彫刻される文字の書体は複数あり、お客様にお好みのものをお選び頂くことができます。

模様彫刻

装飾彫刻

文字のほか、装飾の彫刻も行います。腕の確かな職人による繊細で美麗な彫刻が施されます。

サンドブラスト

文字彫刻サンドブラスト

サンドブラスト加工により、石を削り彫刻を施します。

彫刻後着色

着色工程へ移行

彫り作業工程が全て終了すると、次は着色へと移ります。

さらい

さらい

彫り込んだ文字をジク付きダイヤモンドで綺麗にさらい、きれいな発色のための下処理を行います。

着色

着色

職人の手により、丁寧な着色作業が行われます。

金箔貼り込み

金箔着色

乗った色の上から金箔を貼り付けていくと、絢爛な墓石像が浮かび上がってきます。

金箔貼り込み2

金箔着色2

丁寧に時間をかけ、いよいよお墓の完成です。

施工・建立

もちろん、お墓を支える土地の整備にも妥協しません。2016年に熊本を襲った大きな地震以降、その重要性はより高くなりました。徹底管理の下での基礎工事から耐震施工、そして丁寧な製品設置までを抜かりなく行います。

製品搬入

製品搬入

製品検品

製品検品

説明入ります

製品検品2

製品検品2

基礎工事ランマー転圧

基礎工事ランマー転圧

基礎工事鉄筋

基礎工事二重鉄筋配筋

二重鉄筋150ピッチ

二重鉄筋150ピッチ

高さ100ピッチ

高さ100ピッチ

コンクリート打設2

コンクリート打設

栗石地形

栗石地形

鉄筋配節

鉄筋背節

150ピッチ

150ピッチ

コンクリート打設

コンクリート打設

打設完了

コンクリート養生

土台設置

土台設置

壁石設置1

壁石設置-1

壁石設置-2

壁石設置-2

壁石設置-3

壁石設置-3

壁石設置

壁石設置-4

木の葉

木の葉

木の葉-2

木の葉-2

袖石左右収納庫設置

袖石左右収納庫設置

袖石正面
天板一枚石設置

天板一枚石設置

下台設置

下台設置

耐震施工ステン棒

耐震施工ステン棒

竿石設置

竿石設置

完了

完了